FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_05
24
(Wed)22:05

肩こり・腰痛改善 ゆらゆら コロコロ グルグルストレッチ

ある友人はシニアになってから、奥さんがお神輿を担ぎたいと言い出したので、

都内及び近郊の祭りに出かけるようになったと話してくれたことがあります。

その代償ともいうべきものは、肩の痛みで定期的に整体に通っているとも後日

話してくれました。


以下の番組では、整体師が体のゆがみをとって肩こり、腰痛改善を目的とした

ストレッチを紹介していました。


5/21 TBSテレビ  ゲンキの時間


■東京コンディショニック東京院 院長

  整体師 岡山 茉未 さん


肩こり、腰痛改善のストレッチ

からだのゆがみをとることを目的としたストレッチなので、

筋肉への負荷が分散


ゲンキチャレンジャー  4名が体験

  kさん  女性 60歳   肩こりあり  腰痛あり

  Мさん  女性 54歳 肩こりあり  腰痛あり ヒールを履くと次の日腰痛

  Ąさん   男性 54歳 肩こりあり  腰痛あり 特に左肩

  ASさん   男性 55歳 肩こりあり


前屈の確認  指先と床の間隔

  kさん  女性 60歳   床上 7㎝

  Мさん  女性 54歳  床上30㎝

      Ąさん   男性 54歳     床上17㎝

  ASさん   男性 55歳  床上27㎝


МC3人の前屈確認

  満里奈さん  床上1.4㎝

  三宅さん   床上4.4㎝

  滝さん    床上5㎝

 

1.ゆらゆらストレッチ

  骨盤周りの筋肉を柔らかくする事で正常な位置へと戻りやすくする

 (1)足のゆがみ確認

  ①浅目に椅子に腰をかけてかかとを揃える

  ②ひざの先端に両方の指をあてる

   ③真上からそれを見て長さを調べる 人差し指をあててズレを確認


 (2)ストレッチ

  ①短い方の足を上にして組む

  ②下の足を10~20回揺らす

   ③左右の差がストレッチ前に比べ小さくなる


2.コロコロストレッチ

   骨盤をコロコロと転がすようにして30回位前後させる


3.グルグルストレッチ

   手を目の前で組み「ぐるぐる」と両方向に10回位回す

  そして少し上の位置でも両方向に10回位回す


ストレッチ後のМC3人の前屈確認     大幅に改善

  満里奈さん  床上1.4㎝ ➡ 床下1.6㎝ -3㎝

  三宅さん   床上4.4㎝ ➡ 床下1㎝  ー5.4㎝

  滝さん    床上5㎝  ➡ 床下5㎝  -10㎝


■ドクネット

慶応義塾大学 医学部 スポーツ医学総合センター教授

  松本 秀男 先生


頭の重量が重いので、悪い姿勢だと肩こり・腰痛の要因になる

前屈しづらい人は➡腰回りの筋肉が硬い


運動には3種類ある 

 ①筋肉を鍛える

 ②筋肉を伸ばす

 ③関節を動かす

分けて考えた方が良いが 

コロコロストレッチは

  腹筋・背筋を伸ばすと同時に脊柱の関節を動かしている

ぐるぐるストレッチは

  肩回りの筋肉を伸ばすと同時に肩甲骨などの関節を動かしている

  など同時に行っているところが良い

  

■ゲンキチャレンジャーが3つのストレッチを1日3セット1週間実施

 全員肩こり改善、腰痛がある3名全員が改善

            

**それ程時間がかからず、即効性のあるストレッチだと思いました。**
スポンサーサイト
2016_08
19
(Fri)22:05

水泳金メダリストのマイケル・フェルプス選手のあざはカッピング

リオ五輪、連日の日本人選手の活躍に元気をもらっている方が多いのではないかと思いますが
いかがでしょうか。

今回の五輪で、気になった方も多いかと思いますが、水泳の金メダリストのマイケル・フェルプス選手や
体操のアレクサンダー・ナドア選手の身体に大きな丸い謎のアザがあるのに気づかれましたでしょうか。
あのアザは、内出血などではないです。  その原因は、カッピングです。

カッピングとは、東洋美容の身体治療法のひとつです。
吸い玉とよばれる器具を用いて施術するもので、鍼と同じ代替医療の一種で、
施術後に吸い玉を外すと、あの不思議なアザができるわけです。

現在、テレビで放映される金メダリストの不思議な丸いアザがネットで話題になっており、
その療法「カッピング」が大きな注目を集めています。

そして、その「カッピング」が以下の骨盤ダイエットbeautyコースでは500円で体験できる
キャンペーンが打たれております。

試してみる価値はあるように思います。




2015_06
30
(Tue)21:49

ゆがみを直し 頭痛、腰痛、ビザ痛、肩こり改善

 毎朝日課で行っていることは、ラジオ体操、ダンベル
体操、スクワット25回、つま先立ち25回、腰のねじり
を左右2回ずつ、腕立て伏せ40回、腹筋20回、
青竹踏み数回です。

腕立て伏せと腹筋は13年程の経験がありますが、
それ以外はこの2年以内に始めたものです。

特に腰のねじりはある番組を見て、体をしゃきっと
させるにはよさそうだと思い始めたものです。

6/29 テレビ東京 主治医の見つかる診療所では
体のゆがみ解消法について紹介していました。

■体のゆがみを改善することで、
  改善することは、頭痛、腰痛、ヒザ痛、肩こり
             便秘、冷え性
  アップすることは、血流、免疫力、基礎代謝

■ゆがみの原因
  ①大腰筋や腸骨筋などのインナーマッスルの衰え

  ②歩くときいつも同じ手でカバンを持つ

  ③テレビをいつも同じ位置でみる

  ④足を組むときいつも同じ足の組み方をする

  ⑤同じ動作を続けると関節の動きが固まる

  ⑥携帯をいつも同じ手でもって通話している

■ゆがみ改善法
 Ⅰ.ノルディックスキップ
   考案 神戸常盤大学保健科学部教授
        柳本有二先生
   両手でストックを握って、スキップする。

  ○ポイント
  足を高く上げようとイメージすること。
  姿勢が良くなるように上体を起こす。

  ○女性 8ヶ月で7kg体重減少62→55

  エネルギーの消費量が増えて基礎代謝が
  あがって体重減少

  ○効果
   ①ゆがみ改善

   ②スキップすると歩幅が拡がり認知症予防
    になる。
    歩幅 男性62cm以下 女性58cm以下は
    それぞれ認知症になるリスクが2.3倍、
    5.8倍と高い。

   ③やせやすい体になる

 Ⅱコーナースクワットを行う 左右対称運動
   考案 帝京平成大学整形外科教授
        渡會公治先生

   ①室内のコーナーにお尻をつけて立ち、
    足を肩幅よりやや広めにし、ヒザから下を
    壁につけて立つ。
    靴を壁と平行にしようとするとヒザが壁に
    つく。

  ②腰を落とす

  ③朝、昼、晩の3回、5回ずつ行う。

 Ⅲ3拍子歩き 左右対称運動
  考案 Ⅱと同じ

  1、2、3で3歩目を大股で歩く

  バランスがよくなり、ゆがみが改善される

 Ⅳねじり
  考案 兵庫県 中村整形外科リハビリテーション
            クリニック院長 中村巧先生

  ①手のひらを胸の前で合わせ、お尻を後ろへ
   突き出すように腰を落とす。

  ②上体を左へねじりながら、体を左上へ伸ばす

  ③元の位置に戻り反対側へねじり、右上へ伸ばす

  ④左右5回ずつ、合計10回、朝晩行う。

 ポイント全身の関節を全てねじるイメージを持つ。

  現在89歳男性、70歳で腰痛になり「ねじり」を
  始めたところ2011年にはマスターズ陸上世界大会
  十種競技で3位となる。  
 
**世界大会は目指しませんが、杖を使わずに
  元気でいつまでも歩くことは目標にしたいです。**  



  
  

             
              



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。