FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_04
10
(Sun)22:25

風邪予防レンコン毎日食べる  花粉症にはレンコン2週間食べる



4/3 TBSテレビ ゲンキの時間はその道の達人の健康の秘訣を特集していました。

■風邪知らずのレンコン農家  茨城県土浦市
  真冬でも膝にまで冷水に浸かって作業
        
      風邪をひかない秘訣はレンコンを毎日食べているから   
□料理
    ①レンコンの厚切り天ぷら➡デンプンが風邪予防の栄養素を守っている
    ②フライドレンコン--レンコンを縦切りにしたもので、粘々感が多い。
               ➡,ネバネバはムチン (病原体などから粘膜を保護する) 
    ③レンコンの松前漬け
    ④レンコンサラダ
    ⑤酢バス
    ⑥レンコンのキムチ
    ➆レンコンパウダー --- レンコンを乾燥させて、粉末状にしてヨーグルトに
                    かけて食べる                 
 

□埼玉医科大学保健医療学部 教授 和合治久先生
       ①レンコンは天然のサプリメントだ

       ②天ぷらは加熱によってレンコンのビタミンCを守っている

          ③レンコンのビタミンCはレモンに匹敵 100gあたり48mg
          ➡風邪予防に繋がる

       ④レンコンと乳酸菌 3ヶ月間の摂取で80%以上に
         アレルギー症状の改善   例.レンコンキムチ     

       ⑤レンコンを1日30~40gを2週間摂取で花粉症改善期待


**花粉症の方にとっては朗報だと思います。**



スポンサーサイト
2015_12
23
(Wed)20:07

かぜを撃退 いちご 緑茶でうがい 乾布摩擦

 かぜをひいたのは20年以上前、忘れた
と話される2人の医学会トップをゲストに招き、
かぜ予防を紹介してもらう番組が以下です。

12/19 TBSテレビ サタデーブラス

スタジオ
日本医学会会長
 高久史麿先生

日本医師会会長
 横倉義武先生


■外出時
  ・高久先生  移動は電車やバス
           マスクはしない

  ・横倉先生   マスクはしない。周りが咳込んで
           いる時のみマスクする。

■帰宅時
  ・高久先生  来ていたワイシャツのえりを洗い
          ながら手洗い。
          

  ・横倉先生  手洗いは丁寧に。
          お茶でうがいをする
          さましたお茶をペットボトルで保管。

          *お茶の中のカテキンはウィルス
           撃退が期待
          出がらしの茶葉でも十分期待できる

○うがいの発熱減少率 浜松医科大学調べ
   幼稚園児2万人対象

  緑茶 68%、食塩水 50%、水道水 30%

■免疫力を上げることが最大の風邪予防 

  ・高久先生  朝食はミルク、ヨーグルト、ジャム
           ロールパン
冬には「いちご」を3つプラス

 かぜ予防にビタミンC一杯の朝いちご 
ビタミンCは摂りすぎても排出されるだけ
        →適度な量で十分

○ビタミンCの比較 100g当たり
   いちご 62mg、 ブロッコリー 54mg 
   みかん 32mg、 レモン  50mg

○ビタミンCが多いいちごの見分けかた
   正解は 種が赤いいちご

 完熟したいちご程ビタミンCが多く、見分け方
 はその外側の種が赤いこと。

 ・横倉先生  かぜ予防に乾布摩擦 
         海軍軍医だった先代から引き継ぐ 

       皮膚を擦り刺激を与えることで、血管
       を拡張させる。
     →自律神経が活性化し、バランスが整う。

○乾布摩擦で体温か゜上がる
  乾布摩擦後0.5℃上がり、37℃の例も。

  体温37℃台が人間にとって最も免疫力が
  高まる。


**乾布摩擦で体温が上がることを初めて
  知りました。**
   
2015_12
16
(Wed)21:59

かぜ予防 加湿器顔の高さ 手のしわの間も洗う

 かぜをひくとどうしても4-5日は不快な日々を
過ごすことになります。

それで私はこの時期、外出時にはマスク、マフラー、
手袋の3種の神器を身に着けています。

以下の番組では、名医が実践するかぜ予防を
紹介してくれました。

12/8 テレビ朝日  林修の今でしょ講座  

スタジオ 
芝大門 いまづクリニック院長
 今津 嘉宏先生

問1 冬季にかぜ予防のために窓をこまめに
   開けて換気をするのは効果があるか。

正解  × 
    部屋を密閉していれば湿度が上がるが、
    換気すると湿度が下がりウィルスが舞い
    上がる。

    湿度が40%以下だとウィルスが空気中を
    漂う。 

   <換気した方がいい場合>
    かぜをひいている人が室内に入ってきた時
    かぜの治りかけの時
 

問2 かぜ予防に効果が期待できる小型の加湿器の
   置き場所はどこか 
   A床の上   B棚の上

正解  棚の上 
     湿気が顔の高さにくる場所に置くこと

    また、
    ①加湿器のフィルターの掃除をこまめに
     する。
    ②塩素が入っているので水道水を使う
   
 下に落ちたウィルスは除菌液をぞうきんに
 吹きかけてから掃除するのがベスト

問3  名医か゜教えるウィルス撃退のうがい法

正解 ①最初は口の中を10秒程度ゆすぐ

     ②顔を上に向けてうがいする。

     ③うがいをしながら、のどのしわを伸ばす
      ように頭を左右に傾ける。

問4  かぜのウィルスが手の上で生きている
    期間は?1日か1週間か

正解  1週間 


問5  名医は手洗いをする時3つの場所を入念に
    洗う。
    爪の間、 指の間、 あと1つは


正解  しわの間

    洗い方のポイント
   ①爪の間は、反対の手の平でこする
   ②手の甲のしわは、しわを伸ばしながら洗う。
   ③手の平は手のしわを伸ばして洗う。 
   ④指の間は1本ずつねじり洗い。

問6  かぜの予防になる朝に食べた方が
    いいものは?柔らかいもの・固いもの

正解  固いもの
    
     固いものは噛まないといけない。
    よく噛むことで唾液が分泌され
    →殺菌効果に期待できる

    寒いときは固いものを噛んで、唾液を
    出した方が良い。

    例として、フランスパン、根菜類、漬物など

-----以下は かぜの治し方編の問題---

問7  熱を下げたいとき、体のどこを冷やすのが
    効果的か

正解  首の周り、脇の下、そけい部 (太ももの付け根)
へその上の4ヶ所
     目的は体温を下げること 

     共通点は太い血管がある部分
     効率的に冷やせる

    太い血管を冷やす→早く体温が下がる

   <おでこを冷やす理由は>
  頭蓋骨を冷やし脳の温度を下げるため
    氷嚢の大きなものか、氷枕の大きなものが
    いい

問8  かぜが治りかけの時、少しでも早く治すには
    厚着して大量に汗をかいて寝る方がいい
    ○か×か

正解  ×
     治りかけの時は、体力も消耗してさらに
     脱水状態に近い

     この段階ではこまめな水分補給がポイント

    スポーツドリンクは体内に吸収しやすく
    栄養素も含まれているのておすすめ

問9 かぜのひき始めに控えた方がよい食べ物は
    うどん、牛肉、みかん どれか


正解  みかん

    体を冷やすから
    みかんにはカリウムが含まれ体温を下げる
    →かぜのひき始めは控えた方がよい

    →かぜの治りかけには非常に良い。 

問10  消化によいのは
     生たまご、 温泉たまご

正解  温泉たまご
     弱った胃腸でもかぜ予防にもつながる

     温泉たまごは消化に1時間半。
     生たまごは消化に3時間かかる。  

*先生からのお願い
 かぜだと思っても違う病気のときがある。
 自己判断せず医療機関に行って欲しい


**うがいのやり方はすぐ真似できそうです。**



   
         
   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。