FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_06
09
(Thu)21:15

医師が選ぶ野菜1位トマト  ベスト組合せトマト&アボガト






夏と言えば冷やしたキュウリを食事の最後に食べるのが習慣ですが、
野菜のおいしい見分け方やニュー野菜を紹介してくれたのが、
以下の番組です。

6/5 TBSテレビ ゲンキの時間

■東京女学園大学 人間社会学部 
   教授 藤田 智 先生

□おいしいナスの見分け方
  ①へたの部分のとげが立っている
  ②光沢があり・実にはりがある
  ③がくの下の部分が白くなっている

□おいしいキュウリの見分け方
  ①表面に鋭いトゲがある
  ②ツヤが良くて程よい硬さがある

□おいしい枝豆の見分け方
  3つ入りのサヤで豆が膨らんでいる

□枝豆の保存方法
  購入したらすぐに固ゆでし、冷凍庫で保存する。

□ニュー野菜
 ①カリフローレ---3年前にできたもの。
   生でも茎まで食べられるため、カリフラワーより効果的に栄養を摂取できる
   キャベツの芯の方の味に近い。おいしく甘い。

 ②ロマネスコ
   カロリーが低くビタミンC食物繊維などが豊富
   免疫力アップ・美肌効果も期待できる。カリフラワーの仲間。

 ③こどもピーマン
   ピーマンを改良したもの。
   ビタミンCはピーマンの1.5倍。β-カロテンはピーマンの2倍以上 

 ④アイスプラント
   カリウム・クエン酸・β-カロテンなどが含まれ
   生活習慣病予防・血糖値低下・抗酸化作用などに効果的

 ⑤グラパラリーフ
   サボテンなどの多肉植物を品種改良したもの
   ビタミン・ミネラル・カルシウム・マグネシウムなどが含まれる
   抗酸化作用のあるカテキンも緑茶とほぼ同等に含まれる

□高成分野菜  
  ブロッコリースーパースプラウト    
    発がん予防物質のスルフォラファンをブロッコリーの約20倍
     多く含んでいる。アンチエイジング、肝機能向上も期待されている。
     味はない。

■白澤抗加齢医学研究所 所長
     白澤 卓二先生

□良い組み合わせ
      キュウリ + 味噌
      ニンジン + 鶏肉   

□良くない組み合わせ
      ほうれん草 + ベーコン
            *但し炒める前にベーコンを茹でればOK

      ネギ +  ワカメ  
            *シラスや青魚を一緒に食べると良い

■医師が健康のために積極的に食べているもの  
          *医師専用サイト「MedPeer」提供
   1位  トマト   
   2位  ヨーグルト
   3位  納豆
   4位  ブロッコリー
   5位  リンゴ    

  *トマトが選ばれた理由
    リコピンが多い。リコピンは余分なコレステロールを体外へ排出する
    善玉コレステロールを増やす働きがある。
    また、美白、ダイエット、がん予防にも期待

□フルーツトマト 
   甘味が強く、栄養価を豊富に含む物もある
   ・乙女の涙 ・しあわせの涙

トマト&アボガト ---白澤先生お勧め 
アボガドに含まれる脂質はリコピンの吸収を高める

**夏の定番の飲み物はなんと言ってもトマトジュースだと思います。
 昔は食塩が入っているものを飲んでいましたが、今は食塩無添加の
 トマトジュースを飲んですっきりしています。**

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。