FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_06
26
(Sun)22:05

脳年齢判定テスト 脳トレエクササイズ 両手で文字書く

 勤務先にいるとき、他の職場の人の名前が出てこないときが時たまあり、
名簿を検索してやっと思い出すときがあります。
確実に記憶力が落ちているなと実感する日々です。



以下の番組で脳年齢の判定テスト及び脳の若返りを図るトレーニングに
ついて紹介しており、貴重な情報となりました。

6/24  NHK Eテレ 団塊スタイル

脳の画像診断のスペシャリスト
医学博士 加藤俊徳先生  


□脳年齢判定テスト 1 
   目で見た記憶力テスト

 A10秒間下の絵を見て質問に答えます----初級編



① 絵の小学生は口を開けていた? 閉じていた?

② 制服のボタンの数は何個?

③ ランドセルにぶら下がっている袋の色は何色

B 20秒間下の絵を見て質問に答えます----上級編



①バスの目的地はどこか

②スーツ姿のサラリーマンは列の何番目に並んでいたか

③傘は何本あったか

目で見た記憶力  6問中

正解         脳年齢
5~6問       30~40代
3~4問       50~60代
0~2問 赤信号  即 脳ト




□目で見る"脳力"が衰えると ➡ いつも何かを探しているようになる

□目で見た記憶力のトレーニング
   テーマを決めて歩く   例として ① 6の数字を歩いて見つける
                         ② きょう会った人のネクタイの色を何人思い出せるか


□脳年齢判定テスト 2
  耳で聞いた記憶力  
     他人に読んでもらい、読み終えたら答える。紙に書かないで覚える。


                 山田啓介さんは、9年間勤めた自動車メーカーを辞めて
                 地元の新潟でそば屋を始めた。
                 ある日妻が売上金を持って銀行に行く途中でひったくりに
                 あい、8万7000円を奪われた。
                 そのとき走り去っていくバイクのナンバーを「51-42」を
                 覚えていたので、犯人はその6日後につかまった。


                 山田/啓介さんは/9年間/勤めた/自動車メーカーを/辞めて/
                 地元の/新潟で/そば屋を始めた。
                 ある日/妻が/売上金を持って/銀行に/行く途中で/ひったくりに
                 あい/、8万7000円を/奪われた。
                 そのとき走り去っていく/バイクのナンバー「51-42」を/
                 覚えていたので/、犯人は/その6日後/につかまった。

/ / 24項目に分けられ、何項目言えたかがポイント

 24項目中の正解数
  17~24   脳年齢  30~40代
   8~16          50~60代
   0~7    赤信号  即脳トレ


ゲスト 音無美紀子さんの 判定は 30~40代。 --- 話を物語として記憶した

このことは出来事記憶 = 物語で記憶する  ことは認知症予防になる。 加藤先生


□耳で聞いた記憶のトレーニング
   ①言葉を反対から言う
   ②カラオケで新しいレパートリーを覚える

どうでもいいと思うのが、老化のサイン。

□脳年齢判定テスト 3  
    頭のやわらかさ


 2人の登山家が山にいる生き物を見つけたときのイラスト
何をみつけたか










  答えは へび

  正解者 2ポイント
  何か答えた人 1ポイント

□加藤俊徳先生の脳トレ
  美術館に行き、シュールレアリズムの作品を見て
  作者の意図を読み解くこと
   そして、最後にタイトルを見る。

□脳の診断  81歳 中小企業の社長さん
  1年前と今年脳の画像診断を受けたところ、昨年より脳のネットワークが
  活性化していた

  耳で聞いた記憶力テストは18項目正解
  総合成績は23ポイントで脳年齢30~40代

  77歳で社交ダンスを始める 

  <社交ダンスの4つの効果ポイント> 
    ①音楽に合わせること
    ②多様なステップを記憶すること
    ③パートナーを意識し、呼吸を合わせる。
    ④女性と踊ることでときめきも

  また、77歳で囲碁を始める
    79歳でアマ初段、81歳アマ3段  

  80歳でドラムを始める
   ご本人の弁  ドラムを始めてから会社での色々なことに対する
            レスポンスが前より早くなった気がする。
  
  *加藤俊徳先生
    この男性の一年間の脳の成長は小学1年生から2年生への
    成長と同じだ。驚き。

    *誰でも今までやっていなかった苦手だった分野に脳力の伸びしろがある

□脳トレエクササイズ
   ①両手で同時に同じ文字をボードに書く

   ②座ったまま両足で新聞紙を丸める
     小さく丸まったら指でつまんでごみ箱へ入れる
     自分の足に命令するので、脳を使うことになる。

  ③後ろ向きにSの字に歩く 部屋の中で
     体がふらつくとバランスをとろうとして脳が働く

  ④レジで暗算

  ⑤しまっている食器で新しい料理を作る

□まとめ 
   *欲求が人間の生きる力を呼び起こす
  *脱マンネリ化生活で脳を若返らせる


**カラオケにいくと、はしを持って音楽に合わせてテーブルを叩く
 ことを常としておりますが、行儀の悪さも脳の活性化にはプラスだと
 思いました。
 また、20代から30代にかけては公民館で社交ダンスを習っていましたが、
 社交ダンスが4つも効果があるのでは再開しなくてはと思う次第です。** 


 
 
     

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。