FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_11
26
(Sat)22:30

アミロイドβの蓄積40歳頃から 認トレで認知症予防 体・脳・食

 誰しも認知症にはなりたくないですが、その予防法を徹底的に
教えてくれたのが、以下の番組です。

11/19 TBSテレビ  サタデープラス

ひろかわクリニック院長
        広川 慶裕先生  日本初の「認知症予防専門クリニック」開設

認トレ教室 を運営

■脳トレだけでは認知症予防は不十分。
体と食を組み合わせ五感をフルに使うことで、初めて脳は若返る

➡ 新しい認知症予防が 認トレ
   体 ・ 脳 ・ 食を組み合わせたもの

認知症予防は40歳から始めるべき
認知症の原因 アミロイドβの蓄積は40歳頃から始まる

   アミロイドβはアルツハイマー型認知症を引き起こす


アミロイドβの蓄積が認められ70代の

  年齢が若い程脳は効率よく鍛えられる

□体を使った認トレ----認トレ体操
  脳トレに比べより広範囲に脳の神経細胞を刺激し鍛える事ができる
  
 ●初級編  4つのポーズを覚える 


        そして誰かに1から4の数字を声を出してもらいその数字に合わせて
        ポーズをとる



        短期間記憶しておく能力が鍛えられる
        短期記憶が衰えると ①同じ物を何度も買う ②肉親の名前を忘れる

●中級編  4つのポーズに腰に両手を当てるボーズ5を追加して
        ポーズをとる


□脳を使った認トレ
    患者さんは一番最初に推論が衰える  
 
   物事を ①推理する力 ②予測する力 ③段取りをつける力
 
   症状の例  ①遅刻が増える  待ち合わせの時間が逆算出来ない
           ②料理が作れなくなる
           
   推論を若い頃から鍛えることが最も効果的な認知症予防
●初級編
   例  けつまた  ➡   まつたけ

ごんうし  は   ➡    しんごう

●中級編
     いおかづこ  は   ➡    おこづかい 

     がぼしれな  は   ➡    ながれぼし

●上級編
   例  リキケーンプ  ➡  ケーキプリン
  第一問  シラビサカワ ➡ わさびからし


  第二問  








  頭を使って脳を混乱させる事が認知症の発症リスクを抑えてくれる

□食を使った認トレ
   アミロイドβの蓄積を防ぐ料理----カレーライス

  カレーに含まれるクルクミンがアミロイドβの沈着を防ぐと言われている
  カレーにMCTオイル(中鎖脂肪酸100%オイル)を追加することで効果が大

認知症の原因の1つ加齢による脳のエネルギー不足をMCTオイルが補う

  MCTオイルは医療機関で病院食などに使用
        ---熱を加えないこと1日スプーン1杯で良い

■まとめ
  認トレ前に耳を揉むと脳の血流アップにも繋がり認トレの効果アップが
  期待できる

  両手を頭のうしろに当て、後ろから前に耳を1分程度押す      耳たぶを揉む

  
   下から上に耳を押し上げる


    耳たぶを揉む



**4つのポーズを覚えて動作することは、結構難しいものと思いました。
  腕立て伏せ、腹筋などの日課の1つに取り入れたいと思います。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。