FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_12
11
(Sun)22:08

膝痛にひざサポーターが有効  痛みナビ体操も 

10月下旬、駅の階段を下りようとしたところ左足の膝が「がくっと」となり痛み出しました。
これは階段は無理と判断し、エレベーターで下に降りました。

その日は一日痛さを引きずっていました。親父に相談したところ、サポーターを使えば
楽になるということで、その日から装着しました。

使用しているサポーター


装着途中 試着


装着完了



数日で痛みが徐々に引いていき、約3週間で痛みのレベルは9 ➡ 2 程度に減少しました。

また、同時に お茶ノ水整形外科 院長 銅治英雄 著 「痛みナビ体操」 
アチーブメント出版発行  を購入して痛みナビ体操を実践しました。

先生は膝痛には、薬・手術よりまず自身の考案した痛みナビ体操で治すことを推奨
しています。

痛みの種類は原因別に次の4つに分類されています
     ①腰椎型ひざ痛
     ②関節型ひざ痛
     ③お皿型ひざ痛
     ④筋肉型ひざ痛



まず自分のひざ痛が何型を知ることが重要で、型に応じた種類の体操を
毎日推奨回数こなしていくというものです



原因が4通りもあることに驚かされました。

私の場合、膝を伸ばすと痛みが和らぐので、関節・伸展改善型に分類できます。
実際の動作は立って両ひざに手を置いて膝を伸ばすものです。

反対に屈伸して痛みが和らぐ場合は、関節・屈曲改善型に分類されます。

一生痛まないひざが手に入る生活習慣では、上記の型に合った姿勢改善法及び
糖質制限食を推奨されています。

その効果は次の3つです。
  ①糖化防止
  ②軟骨の修復
  ③肥満解消

引用始めて-------
 「軟骨の修復」
   糖質制限食には炭水化物を減らす分、たんぱく質や脂質という体に必要な
   必須栄養素を多くとるので、体の細胞組織を強くするという効果があります。
   炭水化物はあくまで一過性の栄養。身体づくりに必要な栄養素を十分に
   供給することで、傷んだ軟骨や骨の修復を促すことができるのです。
-----引用終わり 


**先生の食事は1日1回夕食だけで、その時は好きなだけ食べるという
  生活スタイルで、それには賛同しかねますが、痛みのメカニズムから
  分析、ナビ体操、Q&Aまで記載されている書籍で、ひざ痛に悩んでいる方には
  大いに参考となる書籍だと思いました。**






C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。