--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_01
24
(Tue)22:22

かぜインフルエンザ予防には朝起きてすぐの歯磨きが効果

かぜは疲れが溜まって、免疫力が落ちているときにかかりやすく
インフルエンザはワクチンを打っていても感染を弱めるだけで、
感染するものだと理解していましたが、以下の番組で大変嬉しいことに
インフルエンザも予防することができることを学びました。

1/23 テレビ東京 主治医がみつかる診療所

■インフルエンザ予防のスペシャリスト
 廣津医院院長 廣津伸夫先生
   小児科・内科   平塚市
   日本臨床内科医会 インフルエンザ研究班 副班長

先生が16年かけてインフルエンザ患者約5800人+家族からアンケートを得て
以下の内容がわかる

①家族にウィルスをうつしやすい人は---------父親   母親の2倍
                              母親はマスクをして子供感染させることに
                              気をつかっている

②家庭内で最も感染が広がる時間帯は-------食事中
                               

■呼吸器のスペシャリスト
 川合医院院長  川合 満先生  84歳
    呼吸器科    京都市
   京都胸部医会会長

  25年間熱を出したことは無い  週5日診療と元気

  ベストなタイミングで歯を磨くことは、免疫力を高めるには極めて有効
  朝起きてすぐの歯磨きが免疫力アップになる   500人以上のアンケート結果

 かぜやインフルエンザのウィルスが体内に入ることはそれほど問題ではない
 口の中の細菌はプロテアーゼを持っていてそれがウィルスにくっついた時に
 悪さをする
 
 歯を磨いてプロテアーゼを落としておくことが免疫力アップに繋がる

プロテアーゼがウィルスと接触すると➡ ウィルスの表面のタンパク質を分解し、
ウィルスがむき出しになり、ウィルスが粘膜に侵入しやすくなる➡ 感染力アップ

寝ている間は唾液の分泌が少ないので口の中の細菌がどんどん増えている
細菌の数は、起床時夕食後の約30倍になっている





□番組レギュラー医師  中山先生
   朝起きてすぐの歯磨きは、誤えん性肺炎の予防にもなる。

**インフルエンザにかかって一週間自宅療養を考えれば、2-3分の
  歯磨きはたやすいものだと思いました。**

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。