--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_02
08
(Wed)21:50

のどの痛み・つまり  扁桃炎の対策

小学生の時、1つ年上の従姉が扁桃摘出手術を受けたと聞き、一瞬恐怖で
固まった経験があります。口の中の手術とはさぞ痛かったであろうと思います。

以下の番組では扁桃に関わることがらを様々な角度から解説してくれ、口の中を
きれいに保つこと及びのどの乾燥の重要性を再認識しました。


2/4 NHK Eテレ チョイス 

のどの痛み・つまりは放置すると次の症状に繋がる可能性がある
       骨の痛み、手・足裏に炎症が起きる、腎臓が悪くなる、口臭の原因(扁桃にたまったうみで) 

スタジオ
JCHO東京新宿メディカルセンター
 耳鼻咽喉科 診療部長 石井 正則先生

■事例  Bさん 男性 35歳  
   年1~2回かぜひきで同時にのどが腫れていた

  6年前の夏、いつもより強いのどの痛み、食事のときのどが塞がれているような感じ
  飲み込む時に押し返されるような感覚 ➡ 内科での診断  発熱と急性扁桃炎併発

         
 ○印が口蓋扁桃

  ➡ 内科の処方は 消炎鎮痛薬と抗菌薬  ➡  のどの痛みは続き、耳鼻咽喉科受診を勧められる

  ➡ 耳鼻咽喉科での治療は、のどと扁桃に薬を塗布とのどの炎症をとる吸入ネブライザー治療
    薬は消炎鎮痛剤、抗生物質を処方されのどの痛みは治った

  ➡しかし、かぜをひき熱と同時にのどの痛みが併発

  負のサイクルが4年続いた

   昨年から扁桃の周りにうみがたまる ➡ 診断 「扁桃周囲のうよう」  ➡ 注射でうみを吸い出す治療うける
   ➡慢性扁桃炎となる

■扁桃炎
 ・かぜで鼻がつまり、口呼吸になり、口の中の細菌が扁桃に炎症をおこし高熱、のどの痛みなどへ

 ・扁桃は免疫機能の一部、扁桃が腫れるのは細菌などを防いでいるため

 ・扁桃炎に要注意な人は口呼吸、大量飲酒、喫煙、虫歯放置など    重症化すると呼吸困難、敗血症で死に至るケースもある

■慢性扁桃炎治療のチョイスは
  ①扁桃摘出手術----- 一週間程の入院が必要。
                  手術後は痛い、1週間で常食は摂れる
                   慢性扁桃炎はほぼ完治する
  
                   *口蓋扁桃を摘出しても他の4つの扁桃が免疫機能を補う 


  ②薬

■扁桃炎が原因で起きる全身の症状---- 扁桃病巣感染症  
      鎖骨・胸骨に炎症が出て痛む
      手・足  水ぶくれができる


■扁桃炎の予防
  ①マスク----使い捨てマスクを2枚重ねて使う方がのどを守るためには良い。
           かつガーゼを湿らせてマスクの間に挟む。



          マスクは1日2~3回替える。ガーゼが乾いてきたら替える。





  ②うがい
----口うがいに加えて鼻うがいでのどを守る
          鼻うがいで鼻の奥に残っている細菌などを洗い流すことができる
          鼻の奥の花粉を洗い流すのに有効

          注意点 ①専用の器具を使うこと。②水道水のみではしないこと
  
  ③加湿-----湿度40~60%が良い

  ④手洗い-----手から口へ入る細菌などを防ぐ

  ➄マフラー-----のどを冷やさないためにマフラーは有効

  ⑥あめをなめる-----唾液が出る➡ 免疫機能があがる

■扁桃炎以外で起きる のどの痛み・つまり

 ○事例  男性 56歳   のど仏の下あたりに痛み
    扁桃炎を繰り返し、ある時期に扁桃を摘出した。それでものどの痛み

    ➡数年前時折、胃の痛みに苦しめるられた。食べた時、お腹が減った時、
     それにプレッシャーを感じた時。

    ➡痛みが胃からだんだん上に上がってきたてのと゜の痛みに

    ➡耳鼻咽喉科へ  経鼻内視鏡検査を受ける ➡診断 逆流性食道炎(咽喉頭酸逆流症)

    ➡胃酸を抑える薬を内服で症状回復

  ○他のどのつまり感
   下咽頭がん、喉頭がんの可能性

■まとめ
  ①1週間程度のどの痛み・つまりが続く時は耳鼻咽喉科を受診
  ②のどを保湿する  

**かぜをひいた時、内科の先生から就寝時湿らせたマスクをつければ
  早くかぜが治ると教えてくれました。湿らせたガーゼ、マスクをつけることは
  医師の間では常識なことなんだと思いました。** 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。