FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_04
22
(Sat)21:04

正しいウォーキング  中村格子先生

私の1日の歩数は大体7000歩で、まずまずの歩数かなと思っております。

しかし、大半の歩数はカバンを持っての通勤で稼ぐ歩数なので、歩き方には全く自信がありません。

以下の番組ではスポーツドクターである中村格子先生が、正しいウォーキング方法を説明してくれ、

大いに参考になりました。


4/14 NHK  Eテレ  人生レシピ


■3名の方への指導

Aさん 69歳男性 足元。ふらつかないように注意している。

<先生のコメント>

 ①右の外側にぶれる歩き方。左右のぶれが5㎝以内だと痛みも出てこないと思う。

 ②右肩が下がっている。体幹のぶれる歩き方。

 ③腹筋など姿勢を保つ筋肉が弱くなって左右ぶれが起きる

 ④体幹が弱くなると体の一部に負担がかかり、ケガにつながる危険がある。


Bさん 81歳男性  段差に足がひっかからないよう気をつけている

<先生のコメント>

   ① ひざ下で歩いているのですり足になりやすい。

  ②特に左足がすり足。足があがらず着地。

  ③股関節まわりの筋肉、下肢全体の筋力が落ちたりして動きが弱くなっている。

  ④また、足の指が使われていないので、蹴って前に推進する力が弱くなっている。 

  ➄すり足は段差のないところでも、転倒になりやすい。


Cさん  80歳女性  

<先生のコメント>

  ①足首が硬いと思う。

  ②ひざの出る方向とつま先の出る方向が違う。

  ③右側は蹴りだしのときひざがしらは内、着地ではつま先は外を向いている。

  ④故にひざを痛めやすい。---階段の下り、坂道を下りるときにひざが痛くなったり、

               長時間座っていて立ち上がろうとしたときに、ひざが伸びないなどの

               症状が出てくる。

□改善ポイント

●体幹のぶれを防ぐためには

   お腹に水風船があるようなイメージで、水風船がゆらゆらしないようにする。

   胸を上げる・100m先など遠くを見るようにして歩く・あごは引く


●すり足を防ぐためには

   つま先をしっかり上げ、かかとから着地する。-----ひざが伸びる


●ひざ痛を防ぐためには

   アキレスけんのストレッチをする。両足のつま先は同じ方向を向いていること。


■視聴者の指導

 ①上半身を回旋させること、ひねりの動作が少しあると推進力が出る。

 ②地面をしっかり蹴る。


■中村流エクササイズ

①回旋

 顔は前を向いたままで、手をしっかり前後にふり、みぞおちから上を柔らかく回旋させる。

②地面を蹴る


ウオーキング

     蹴りだしの動作

    上半身の回旋が加わる

 3歩目は足を高く上げる


■ひざが痛い方への指導

  ①着地のとき、左のひざが内側に入っていること。

  ②着地のとき、ひざが曲がっている。-----ひざに痛みのある人はひざを曲げやすい。

  ポイント---かかとから着地して足指で床を蹴る。すり足の改善


■足指の鍛え方 足指エクササイズ

 足指のつけ根の関節を強化する


 ①床に座り、まず右ひざを立てる。

 ②右の指に薄めのバスタオルをかける

 ③バスタオルの両端を持ち、引っ張る。

 ④指のつけ根の部分から曲げる動作を50回行う。

 ➄足を垂直に立てて、足指だけでグー、パーを50回行う。

 ⑥反対側の指も同様に行う。

*効果の判定  片足スクワットをしてもぐらつかない


■まとめ

 ①モデルウォークを目指すことよりも、少しずつ良くなることを目指す。

 ②ウォーキングのリフレッシュ効果を楽しむ。

 ③中之条研究で1日に5000~8000歩歩くことが良いとされているが、かつ早歩きは心肺機能を

  高めるのでお勧め。

 ④脂肪を減らしたい方は、食後のウォーキングが良い。

 ➄筋肉をつけたい方は、ウォーキング後に食事が良い。

 ⑥加齢に伴い筋肉量が減るので、ウォーキング2時間以内にタンパク質を中心にバランスのよい

  食事をする。

*私もひざが痛いときがありかかと着地を心がけたいと思っております。

   

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。