FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_06
23
(Fri)22:00

頻尿・尿もれ  過活動ぼうこう

「話そう 過活動ぼうこう まずはお医者さんへ」とは医薬品メーカーのCMですが、
過活動ぼうこうの仕組み、治療及び改善方法などをまとめて紹介してくれたのが
以下の番組です。 

6/10 NHK Eテレ チョイス

■スタジオ
日本大学医学部付属板橋病院 副病院長
 泌尿器科学系教授 高橋 悟 先生

■定義
 頻尿とは  排尿回数が起床から就寝までの間に8回以上
         7回でも困っている場合は頻尿
          

 尿漏れ (尿失禁) とは  自分の意思と関係なく尿がもれる

 残尿   トイレに行ってもすっきりしない。まだ出る気がして何度もトイレに行く

■ 推定患者数  
     頻尿 昼間頻尿 3,300万人 夜間頻尿 4,500万人
     尿もれ   1,100万人
     残尿    1,200万人



■男性について
□事例  Yさん 61歳 3年前 
  3年前40キロ離れた勤務先へいつものように車で通勤していた時、突然激しい尿意を
  もよおした。それから次の日も尿意を感じ、トイレを探すようになった。
  同時に1晩に5-6回も起きるようになった。

  その状態が1年続き、泌尿器科を受診した。
  検査は 残尿検査と超音波検査

  診断結果   前立腺が大きくなって、ぼうこうが過活動----過活動ぼうこう
 
  Yさんは α1遮断薬と β3作動薬の服薬により 夜1回、 昼3~4回はトイレに行く回数が減った。
 よく眠れるようになった。

前立腺の大きさは普通クルミ程度 大きくなると鶏卵位になる

前立腺が肥大化する原因
 ①男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることによる
 ②生活習慣病とも関係

年齢との関係
  50歳位から大きくなり、50代で30%
  60代では60%
  70代では80%が前立腺が大きくなっている

前立腺肥大の症状
  ① 頻尿
  ② 排尿困難  ➡  ③ 尿閉へ    ぼうこうが膨らんでいても尿を出せない状態
  ④溢流性尿失禁  尿が出にくい人の夜のおねしょのようなもの

前立腺肥大による過活動
 
治療法  1. 内視鏡検査で肥大化した前立腺を切除-------射精障害が起こる
          ①経尿道的前立腺切除術  
           ②経尿道的前立腺核出切除術
③光選択的前立腺レーザー蒸散術


       2. 薬物治療 前立腺の治療  ①α1遮断薬-----前立腺の筋肉をゆるめ尿道をひろげる 
                           ②PDE-5阻害薬---α1遮断薬 と同様な効果
                           ③5α-還元酵素阻害薬----前立腺を小さくするもの
 
             ぼうこうの治療  ①β3作動薬-- ぼうこうの筋肉をゆるめる。ぼうこうを広げる
                            ②抗コリン薬-- ぼうこうの収縮を防ぐ
                                       副作用は口が渇く、便秘になりやすい
                                 
                          
 

 
手術が必要な場合は以下の通り

 ・全く尿が出ない尿閉を繰り返す
 ・尿路感染症を繰り返す
 ・血尿を繰り返す
 ・ぼうこう結石を合併している
 ・尿閉によって起きた腎不全を合併している
  ・薬による治療で改善が見られない
 
困ったときが治療のタイミング
  
過活動ぼうこう 生活上の注意点

①水分を摂りすぎない----ぼうこうの量が減っているので摂りすぎは、更に頻尿になる

②カフェイン・アルコールを控える----ぼうこうがより活発になる

③便秘を防ぐ -----------便秘で腸が膨らみ、ぼうこうが刺激され頻尿になる

④ぼうこう訓練 ----------尿意を少し我慢して尿をためられる量を増やす
                  我慢する時間を5分程度から始め少しずつのばしていく
 
*ぼうこう訓練の注意点
  前立腺肥大症・ぼうこう炎・泌尿器のがんがある方は医師の指導に従って下さい

排尿間隔が2~3時間あるとトイレのことが気にならなくなる

■女性について

切迫性尿失禁  
   急に尿意が起り、我慢できずにもらしてしまうこと
   脳とぼうこうの間の情報伝達がうまくいかなくなることから発生

過活動治療はぼうこうの治療のみ

女性の場合の過活動ぼうこう 対策は 「減量」

  体重の5~8%減らすと効果が出る。腹圧が減る 
  男性も効果があるが女性の方が効果が大

事例  58歳 女性
 子供を産んでから30代で尿もれが発生し、50代で尿もれが悪化。
 駆け足や階段の歩行で尿もれ。

➡ 4年間ひと゜い状態が続いたあと、大学病院に行った 
   1.尿失禁定量テスト----①専用の尿もれパッドをつける
                  ②水を500㏄飲む
                  ③歩行や階段の上り下り 
                  ④椅子に座る・立つ 10回
                  ⑤強く咳込む10回
                  ⑥床に置いたものを腰をかがめてひろう 5回
   ➆水で手を洗う 1分間

      パッドの重さ
         本テストの前  18.1g    テスト後   68.1g  結果50gの尿もれ
   2.骨盤のX線検査

   3.診断結果  腹圧性尿失禁

      腹圧性尿失禁とは お腹に強く力が入ることで起きる尿もれ
                    骨盤底筋がゆるんでくるのが原因 
     
                   ➡骨盤底筋がゆるむ原因は 出産、加齢、肥満、閉経

   4.治療法は薬物療法か手術
         薬物治療----------β2刺激薬
   
                 
女性は治療で手術を選択
     TVT手術    TVTテープを体内に入れて、傾いた尿道を支える。 
               手術時間20分、入院期間は3日間、費用は3割負担で10~12万円

               TVT手術の注意点
                ・妊娠、出産予定の方は避ける
                ・ステロイド剤を飲んでいる方は医師と相談
                ・手術後1ヶ月間は激しい運動、自転車、重い物ほ持つことは避ける
                ・肥満に気をつける


女性の尿失禁の割合
   腹圧性    50%
   切迫性 (過活動ぼうこう)  20%
   混合性 (腹圧性+切迫性) 30%

男性の尿失禁
   排尿後尿滴下    骨盤底筋がゆるむと起きる
    
 
骨盤底筋体操
   ①あおむけに寝てひざを立てる--------瞬発力をつける
     おなかを動かさないで肛門を閉めて骨盤底筋だけを引き上げて下ろす 5回

   ② 骨盤底筋を引き上げた状態で5秒止める-------持久力をつける

   1日60~80回行う

 腹圧性尿失禁のまとめ
       骨盤底筋体操、 薬、  手術

**実は私は夜4回トイレに行っていた時期がありました。コーヒーが体に良いということで、
 昼間と夕食後にも飲みまた、就寝前に水分補給が大事ということで、コップ1杯の水を
 飲むようにしていたためです。
 しかしよく眠れていないため、昼間眠くなることが多く、朝の血圧が高くなることからその2つ
 の行為は止めました。
 よく眠ることは脳の疲労回復にもなり、そちらを優先した訳です。**

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。